眼精疲労原因の改善・疲れ目の治し方の専門サロン

Blog

ブログ

正しく効果的にツボを押して眼精疲労を改善させましょう!

kyugan 2017年10月28日 カテゴリー: 血流

 

 

 

☆今日は、気になった眼精疲労情報を紹介させて頂きます☆

ニュース提供媒体(配信先):肩こり解消のツボは? 効くツボと正しい押し方

 

記事のココに注目

 

1.肩こりの三大原因

2.ツボ押しが肩こりに効率的な理由

3.“肩こりの三大原因”の改善に役立つツボ

 

 

正しく効果的にツボを押して眼精疲労を改善させましょう!

 

 

効果的なツボや正しい押し方を知ることは、肩こりや眼精疲労の解消につながります。

ツボの名前や正しい押し方を詳しく学びましょう。

 

1.ニュースのメインとなる内容の抜粋

肩こりの解消にはツボ押しが効果的とされていますが・・・

正しい位置と押し方を知っていますか?

効果的なツボや正しい押し方を知ることは、ツラい肩こりの解消につながります。

 

 

 

2.注目ポイント1の詳細

肩こりの三大原因は眼精疲労、悪い姿勢による疲労、腕の疲労です。

自分の肩こりは一体何が原因で起きているのか

判断することで適切なツボを押すことができます。

 

 

 

3.注目ポイント2の詳細

ツボは東洋医学由来の考えで気の流れ=経絡上にある

ポイントを刺激することで気の流れを改善し原因を取り除くものです。

肩こりの三大原因はいずれも血流の悪さが原因なのでツボが効果的なのです。

 

 

 

4.注目ポイント3の詳細

眼精疲労に効果のあるツボは「清明」「太陽」「玉沈」です。

清明は目頭のやや上にあるツボ、太陽はこめかみ、玉沈は後頭部にあるツボです。

正しい位置を調べて刺激しましょう。

 

 

 

5.注意点、補足など/ネット上の声

ツボを押す時には、軽くさするようにほぐすことです。

特に眼精疲労のツボである清明などはデリケートな部分にあるため

強く押しすぎると炎症などの原因になってしまいます。

 

 

 

6.まとめ

眼精疲労が起こる前に予防できるのが一番ですが

仕事などが忙しく、疲労がたまってしまったときには

ツボを刺激してみましょう。

 

 

 

 

眼精疲労改善 休眼 (1)

 

(C) 1997-2017 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.

顔のツボを刺激して眼精疲労を解消しよう!

kyugan 2017年07月26日 カテゴリー: 血流

 

 

 

☆今日は、気になったニュースを紹介させて頂きます☆

ニュース提供媒体(配信先):眼科医が推奨!目のかすみや眼精疲労に効く「顔のツボ」8つ

 

 

記事のココに注目

 

1.顔にあるツボが目に効く理由

2.目に良い8つのツボ

3.ツボの押し方

 

 

 

 

眼精疲労で悩んでいるなら顔にあるツボを刺激してみましょう。

顔には眼精疲労に効果のあるツボがたくさんあります。

正しく刺激して血流を促進すれば目の疲れが改善されますよ。

 

 

1.ニュースのメインとなる内容の抜粋

目の疲れ、かすみ、ドライアイ、小さな文字が見えにくい……そんな目の不調を覚えるサライ世代は多いでしょう。

そこで今回は、目の専門医で『Y’sサイエンスクリニック』院長の林田康隆さんの著書『1日1分見るだけで目がよくなる28のすごい写真』(アスコム)から、目の疲れを取るツボをお伝えしていきましょう。

 

 

 

2.注目ポイント1の詳細

顔にあるツボを押すと血行が促進されます。

すると目に栄養や酸素が行き届きやすくなるため

目の不調が改善されたり、目が疲れにくくなる効果が得られます。

 

 

 

3.注目ポイント2の詳細

眼精疲労に効果のあるツボは顔に8箇所あります。

晴明、太陽、顴髎、瞳子髎、陽白、四白、攅竹、承泣の8つです。

ツボの位置は『1日1分見るだけで目がよくなる28のすごい写真』にて

詳細が紹介されています。

 

 

 

4.注目ポイント3の詳細

林田先生によるとツボを押す順番などはなく

気になるツボを気持ちよく感じる程度の強さで押すのがポイントです。

眼球そのものや強く押すのは危険ですから避けるようにしましょう。

 

 

 

5.注意点、補足など/ネット上の声

眼球はとても繊細なものなので、ツボを押すときには

場所をさぐりながら、少しずつ押す力を強くするなど工夫をしましょう。

いきなり強く押すのは危険ですね。

 

 

 

6.まとめ

ツボを刺激するだけで眼精疲労の改善と予防効果があるというのは

医者も推奨する方法ということがよくわかります。

ツボを押すだけなら仕事中や休憩中にもできますから

目の疲れが気になるときには目を休めるのと同時に行いたいですね。

 

 

 

 

眼精疲労改善 休眼 (1)

 

(C) Rakuten, Inc.

TOPへ
Translate »