眼精疲労改善のための専門サロン

Blog

ブログ

50 歳以上の 97.2%が目の不調を感じている!

kyugan 2017年08月19日 カテゴリー: ニュース

 

 

 

☆今日は、気になったニュースを紹介させて頂きます☆

ニュース提供媒体(配信先):50 歳以上の 97.2%は目になんらかの不調を実感

目のためにセルフケアを実践している人は 8 割以上!

でも市販の目薬の選び方に悩む人は多い

 

記事のココに注目

 

1.50 歳以上の大多数は、加齢に伴う目の不調を複数抱えている

2.セルフケア法の第 1 位は、「目薬をさす」54.3%

3.目薬の効能や成分表示が、目薬選びのポイントに

 

 

50 歳以上の 97.2%は目になんらかの不調を実感

 

 

全国の50歳以上の男女を対象に「目の健康」について調査したところ

この年代はほとんどの人が老眼になっていることから

目の不調を複数抱えていることが明らかになりました。

 

1.ニュースのメインとなる内容の抜粋

50 歳以上の大多数は、加齢に伴う目の不調を複数抱えている

セルフケア法の第 1 位は、「目薬をさす」54.3%

目薬の効能や成分表示が、目薬選びのポイントに

 

 

 

2.注目ポイント1の詳細

小さい文字が見えにくいという老眼の症状が68.2%

目が疲れやすいが66.1%

視力が以前より下がっているが57.6%と

複数の目の不調を感じていることが明らかになりました。

 

 

 

3.注目ポイント2の詳細

当然目の不調を改善・緩和するために8割以上の方がセルフケアを行っています。

その中で多くの人が実践しているのが「目薬をさす」こと。

50代以上の方にとって目薬が常備薬の一つになっているようです。

 

 

 

4.注目ポイント3の詳細

目薬を使用している人の約50%が目薬の選び方に悩んでいることも明らかになりました。

ドラッグストアでは棚に様々な目薬が並んでいるため悩んでしまうのです。

 

 

 

5.注意点、補足など/ネット上の声

老眼を始めとした加齢に伴う目の不調を感じるのは特別なことではありません。

しかしこの不調をそのままにしていると、更に視力が低下してしまったり

別の病気に繋がったりする恐れがあります。

 

 

 

6.まとめ

最近では50代異常の人もPCやスマホ、タブレットを使うことがあり

目を知らず知らずのうちに酷使している人が増えています。

目の不調を感じたら眼科を受診して自分の目に合うメガネに買えるなど

根本的な解決方法を模索する必要があります。

 

 

 

 

 

眼精疲労改善 休眼 (1)

 

(C) ロート製薬株式会社

(C)オレンジページ

株式会社わかさ生活がブルーライトの目に障害を及ぼす新規のメカニズムを明らかに!

kyugan 2017年07月12日 カテゴリー: ニュース

 

 

 

☆今日は、気になったニュースを紹介させて頂きます☆

ニュース提供媒体(配信先):ブルーライトが目の網膜細胞に及ぼす新たな影響を解明!

 

記事のココに注目

 

1.岐阜薬科大学 原英彰教授との共同研究で論文を発表

 

2.ブルーライトと目の病気の関係性

 

3.ブルーライトが視細胞にダメージを与える新たなメカニズム

 

 

株式会社わかさ生活

 

 

パソコンやスマホのモニターから出るブルーライトは目に良くないと言われていましたが

この度わかさ生活の研究で新たなメカニズムが発見され論文として発表されました。

 

 

1.ニュースのメインとなる内容の抜粋

株式会社わかさ生活は、“ブルーベリーで世界一を目指す目の総合健康企業”として研究を続け

岐阜薬科大学との共同研究により、ブルーライトが目の網膜細胞に及ぼす新たな影響を解明され

研究結果が学術雑誌のMolecular Visionに2017年3月5日付で掲載されました。

 

 

株式会社わかさ生活

 

 

2.注目ポイント1の詳細

岐阜薬科大学 原英彰教授との共同研究でブルーライトが目に障害を及ぼす

新規のメカニズムを科学的に解明し学術雑誌のMolecular Visionに

掲載されました。

 

 

 

3.注目ポイント2の詳細

PCのディスプレイなどに含まれるブルーライトは今まで

活性酵素を発生させることで眼精疲労を起こすと考えられていました。

また網膜疾患の発症リスクとして問題になっていました。

 

 

 

4.注目ポイント3の詳細

今回の研究ではブルーライトが光受容タンパク質の異常な蓄積を引き起こすこと

また、その結果として網膜細胞にダメージを与えることが明らかになりました。

 

 

 

5.注意点、補足など/ネット上の声

現段階でブルーライトをカットするためには専用のメガネをかけるか

ブルーライトをカットしてくれる効果のあるディスプレイを使うしかありません。

長時間作業、ディスプレイ画面を見つめて作業をする方は注意が必要です。

 

 

株式会社わかさ生活

 

 

6.まとめ

今後はアントシアニンやアスタキサンチンなど活性酵素を抑える方法に加えて

光受容タンパク質の異常な蓄積を回避できるような成分が含まれた

サプリメントが発売されるようになるかもしれませんね。

 

 

 

眼精疲労改善 休眼 (1)

 

(C) WAKASA SEIKATSU Corporation. All Rights Reserved.

目の健康にはルテインが必要だ、と眼科医が発表!

kyugan 2017年07月5日 カテゴリー: ニュース

 

 

 

☆今日は、気になったニュースを紹介させて頂きます☆

ニュース提供媒体(配信先):【眼科医100名に聞いた!】眼科医が実践する目の老化を防ぐ健康法を大発表!

 

記事のココに注目

 

1.現役の眼科医100名にアンケート調査

 

2.目の健康には食生活が重要と判明

 

3.ルテインは目の健康に効果的

 

 

目の健康にはルテインが必要だ、と眼科医が発表!

 

 

最近、目の健康に良いと言われるようになった「ルテイン」は

本当に眼科医も眼精疲労の緩和を認める効果だったことが判明!

 

 

1.ニュースのメインとなる内容の抜粋

株式会社わかさ生活は、医療機関でご縁のある眼科医100名を対象に

目の老化を防ぐ健康法についてのアンケートを実施しました。

その結果、100名中96名の方が「目の健康のためにルテインが必要だ」という結果がでました。

 

 

 

 

 

2.注目ポイント1の詳細

ブルーベリーアイなど目の健康を維持するためのサプリメントを発売する

株式会社わかさ生活が現役の眼科医100名にアンケート調査を行いました。

実際に「目」を守るために日夜励まれている医師が認めた目の健康方法を紹介しています。

 

 

 

3.注目ポイント2の詳細

100人中58人、過半数の医師が実際に目の健康促進のために

日々実践していることは「食生活に気をつける」ことでした。

医食同源というように食べることは体を作ること。

やはり食べ物から目の健康は守られるのですね。

 

 

 

4.注目ポイント3の詳細

話題の成分「ルテイン」は眼科医100人中96人が必要であると解答しています。

理由もアメリカの国立眼研究所での大規模な研究がおこなわれていることや

科学的根拠がハッキリと出ているということからルテインを補うことが

目の健康に役立つと考えているようです。

 

 

 

5.注意点、補足など/ネット上の声

ルテインは年齢とともに減少する成分でありながらも

食事から十分に摂取するのが難しい成分です。

食生活の改善だけでは目の健康に十分とは言えないのではないでしょうか?

 

 

 

6.まとめ

食事からの摂取が難しいルテインはサプリメントから摂取するのが効率的でしょう。

日々の生活でディスプレイ画面を長時間見つめる暮らしをしている人は

意識的に摂取するようにしたいものですね。

 

 

 

 

 

眼精疲労改善 休眼 (1)

 

(C) WAKASA SEIKATSU Corporation. All Rights Reserved.

7月3日が「なみだの日」に制定されました!

kyugan 2017年06月10日 カテゴリー: ニュース

 

 

 

☆今日は、気になったニュースを紹介させて頂きます☆

ニュース提供媒体(配信先):7月3日を「なみだの日」に制定

 

記事のココに注目

 

1.毎年7月3日を「なみだの日」と制定

 

2.涙の役割とは?

 

3.第1 回「なみだの日」イベントが開催

 

 

7月3日が「なみだの日」に制定されました!

 

 

涙の量、足りていますか?

涙の不調は目の不調です。

あなたは涙の役割をしっていますか?

 

1.ニュースのメインとなる内容の抜粋

5月23日に開かれた記者発表&メディアセミナー(主催=ドライアイ研究会)では

ドライアイ研究会世話人代表で慶應義塾大学眼科学教室教授の坪田一男氏、同科特任講師の内野美樹氏は

新しいドライアイの定義と診断基準、および毎年7月3日を「なみだの日」と制定したことを報告した。

 

 

 

2.注目ポイント1の詳細

7月3日が「なみだの日」に制定されました。

また新しいドライアイの定義と診断基準が発表されています。

 

 

 

3.注目ポイント2の詳細

涙には目に酸素を与える、目の表面に栄養を与える、外敵から守る

目を乾燥から守る、ゴミや不要なものを洗い流すなどの効果があります。

意外と知られていませんが、涙は目の健康を守るために絶対必要なものなのです。

 

 

 

4.注目ポイント3の詳細

「なみだの日」が制定されたことを記念して

7月2日に第1 回『なみだの日 ~涙はいつもあなたを守っている!~』が

開催される予定です。

「なみだチェック」をキーワードに、なみだの大切さについて学べるイベントです。

 

 

 

5.注意点、補足など/ネット上の声

近年パソコンやスマホなどによる目の酷使やコンタクトレンズの使用で

ドライアイに悩む人が増えています。

目の乾きなどを感じている人はドライアイの可能性が高いです。

視力の低下や眼精疲労の原因となり問題となっています。

 

 

 

6.まとめ

目の健康について考えることは多くても、目を守るための涙の働きについては

あまり考えたことのない人が多いのではないでしょうか?

この機会に涙について学んでみるのも良いですね。

 

 

 

 

眼精疲労改善 休眼 (1)

 

(C) 2007- 2017 Medical Tribune, Inc. All rights reserved.

紫外線が強くなる季節!サングラスで目を紫外線から守ろう!

kyugan 2017年06月7日 カテゴリー: ニュース

 

 

 

☆今日は、気になったニュースを紹介させて頂きます☆

ニュース提供媒体(配信先):紫外線から目を守るサングラスが日焼け予防にもなるって本当?

 

記事のココに注目

*ざっくりまとめると

1.紫外線による目への影響とは

2.紫外線から目を守るならサングラスを

3.レンズの選び方

 

 

サングラス

 

サングラス、使ってますか?

正しく選べていますか?

サングラスをかけるのは夏の日差しが強いときだけではありません。

サングラスを正しく使って紫外線をカットし、目を守りましょう。
1.ニュースのメインとなる内容の抜粋

どのようなサングラスに日焼け予防効果があり

そしてどのように選べばよいかについて解説します。

(中略)

紫外線から目を守るためのもっとも有効な方法は、サングラスをかけることです。

目に入る紫外線の9割はサングラスで防止可能ともいわれ

紫外線対策の教育が進んだ欧米では

子供の頃からサングラスをかける習慣がついています。

 

 

 

2.注目ポイント1の詳細

目に紫外線が当たると充血、ドライアイ、眼精疲労を引き起こします。

また瞼裂斑や翼状片、白内障など様々な眼病のリスクを高めます。

紫外線から目を守ることが大切です。

 

 

 

3.注目ポイント2の詳細

紫外線から目を守るために必要なのがサングラスです。

レンズの色で選ぶのではなく、紫外線カット加工がされているものを選びましょう。

特に若い頃は水晶体や角膜が透明で紫外線が通過しやすいため

若いうちからUV対策を行いましょう。

 

 

 

4.注目ポイント3の詳細

サングラスとして使用されるレンズは

染色レンズ、偏光レンズ、調光レンズ、フィルターレンズ、ミラーレンズ

の5種類に大きくわけられます。

それぞれの特徴を学びシーンに合わせたサングラスを選びましょう。

 

 

 

5.注意点、補足など/ネット上の声

サングラスは恥ずかしい!という場合には

UVカットができるメガネやコンタクトを選ぶのが良いでしょう。

 

 

 

6.まとめ

紫外線は夏だけではなく一年中降り注いでいます。

長時間外出するときには必ず着用したほうが良いですね。

サングラスは真っ黒なものだけではなく

色の薄いタイプなど違和感なく着けれるものも多く発売されているので

普段使いできるものを一つ持っておくと便利ですね。

 

 

 

眼精疲労改善 休眼 (1)

 

(C)1997-2017 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.

TOPへ
Translate »