眼精疲労原因の改善・疲れ目の治し方の専門サロン

Blog

ブログ

時々斜視になる「間欠性外斜視」が眼精疲労の原因に

kyugan 2017年09月30日 カテゴリー: ニュース

 

 

 

☆今日は、気になったニュースを紹介させて頂きます☆

ニュース提供媒体(配信先):時々斜視になる「間欠性外斜視」、重度なら小学校低学年までに手術を

 

記事のココに注目

 

1.斜視とは

2.間欠性外斜視とは

3.間欠性外斜視を見つけたら

 

 

時々斜視になる「間欠性外斜視」が眼精疲労の原因に

 

 

大人になってから眼精疲労が酷くて悩んでいるという人の中にも

原因は間欠性外斜視であったというケースも隠れているようです。

 

1.ニュースのメインとなる内容の抜粋

斜視の中で最も頻度が多いとされるのは、時々斜視になるという意味の間欠性外斜視です。

元気なときは両眼を対象物のところに持ってくることができますが

疲れていたり眠かったりする時などに斜位を保てなくなり、斜視になってしまうのです。

 

 

 

2.注目ポイント1の詳細

安静眼位が外側にある人は少なくありません。

それを必要な時に正面に持ってくることができれば「外斜視」となります。

両眼視ができない状態を「斜視」といいます。

 

 

 

3.注目ポイント2の詳細

斜視の中で最も多いのが時々斜視になってしまう間欠性外斜視です。

元気な時には問題ないのですが、疲れている時などに斜視になってしまいます。

 

 

 

4.注目ポイント3の詳細

間欠性外斜視には訓練、手術、経過観察などがありますが

頻度が高い場合には小学校低学年までに手術するのが良いようです。

成人になってからより子どもの脳の方が

目の位置のずれを修正する機能が高いからです。

 

 

 

5.注意点、補足など/ネット上の声

間欠性外斜視の検査は安静眼位を参考に検査します。

眼科に行けば簡単な検査で分かるようです。

ただし治療方針は医師の方針、経験に委ねられるので

場合によっては複数の眼科医に見てもらう方が良いでしょう。

 

 

 

6.まとめ

間欠性外斜視というのは時々しか起こらないため

長い間誰にも気づかれないというケースも多いでしょう。

あれ?と思うことがあっても一瞬では見逃してしまいます。

もし疑いが少しでもあるようなら、一度検査を受けてみましょう。

 

 

 

 

眼精疲労改善 休眼 (1)

 

(C) The Yomiuri Shimbun.

近い将来、VRで斜視が改善するかも知れない!?

kyugan 2017年09月16日 カテゴリー: ニュース

 

 

 

☆今日は、気になったニュースを紹介させて頂きます☆

ニュース提供媒体(配信先):VRコンテンツで斜視の大人が視力を回復できる?

 

記事のココに注目

 

1.VRが視力に与える影響は未知数

2.VRで斜視を改善する研究

3.アプリの仕組み

 

 

近い将来、VRで斜視が改善するかも知れない!?

 

 

近年注目を集めているVRは色々な可能性を秘めているようです。

ゲームや映画を楽しむだけではなく、将来的には視力回復技術として

広く応用されていくかもしれません。

 

 

1.ニュースのメインとなる内容の抜粋

誰でもVRで目を良くできるわけではないが

左右の目に異なる映像を見せて立体感を与えるというVRの特徴を活かして

斜視の治療に役立てようとしている企業がある。

(中略)

Vivid Visionによれば、17人の中で実験前に両目での立体視ができたのは半数以下だった。

しかし、実験後には9割が奥行きを知覚できるようになっていたという。

 

 

 

2.注目ポイント1の詳細

VRはテレビゲームと同じように子どもが視聴すると視力が落ちるという説がある。

逆にVRを利用した子どもの視力が向上したという実験結果もある。

VRがどの程度視力に影響を与えるのかは長期的な変化を追跡する必要がある。

 

 

 

3.注目ポイント2の詳細

2013年に設立されたVivid Visionの設立者のJames Blahaは

自分自身の目の状態を治療するためにVRゲームを開発した。

また17人の被験者をタイショウとする予備的な研究では9割が

実験後に奥行きを知覚できるようになった。

 

 

 

4.注目ポイント3の詳細

VRでは左右の目に異なる映像を写す。

この特長を応用して患者の利き目側への刺激を少なくし

普段使っていない目を積極的に使うように訓練する。

 

 

 

5.注意点、補足など/ネット上の声

勿論誰にでも効果があるわけではなく

VRの長時間使用は目への負担になることは十分に考えられます。

現在市販されているVRに視力回復効果があるわけでもありません。

 

 

近い将来、VRで斜視が改善するかも知れない!?

 

 

6.まとめ

現在、このアプリを日本で購入することはできません。

しかし技術の信憑性が確かめられていけば

今後は日本のクリニックでもVR治療というのが

行われるようになるかもしれません。

 

 

 

 

眼精疲労改善 休眼 (1)

 

(C) Spicysoft(TM), All Rights Reserved.

知らず知らずのうちにやってるかも?目に良くない4つの習慣

kyugan 2017年09月9日 カテゴリー: ニュース

 

 

 

☆今日は、気になったニュースを紹介させて頂きます☆

ニュース提供媒体(配信先):強くこすると目が「脱臼」 目によくない習慣4つ

 

記事のココに注目

 

1.強く目を擦ると…

2.コンタクトレンズの使用期限を守らないと…

3.点眼薬に頼りすぎると…

 

 

知らず知らずのうちにやってるかも?目に良くない4つの習慣

 

 

視力は加齢によって低下するものですが

中には知らず知らずにやっている習慣が目の機能低下を加速させたり

病気を引き起こすことがあり、注意が必要です。

 

 

1.ニュースのメインとなる内容の抜粋

知らず知らずのうちに行っている習慣が目の機能低下を加速させたり

病気を引き起こすことも。よかれと思ってやっていても効果がないことがある。

 

 

 

2.注目ポイント1の詳細

花粉やアトピーなど目の痒みを抑えるために目を強く擦ってしまうと

水晶体を支えているチン小帯が緩んでしまい、本来の一からずれ

脱臼状態となり急性型緑内障になる危険性があります。

 

 

 

3.注目ポイント2の詳細

勿体無いから、買いに行くのを忘れていたからと

使い捨てコンタクトレンズの使用期限を守らずに

汚れたレンズを使い続けるとアレルギー反応が起きて

巨大乳頭性結膜炎になる可能性があります。

 

 

 

4.注目ポイント3の詳細

市販のドライアイ用の点眼薬に頼りすぎるのも良くない。

ドライアイの原因そのものを取り除くように

根本的な治療に当たらなくてはいけません。

 

 

 

5.注意点、補足など/ネット上の声

どれもついついやってしまうことではありませんか?

いずれも視力低下やトラブルを招く原因となってしまうので

気をつけなくてはいけません。

 

 

 

6.まとめ

これくらい大丈夫だろうと、普段何気なくやっていることが

視力を低下させてしまう可能性があるとしたら恐ろしいことですね。

ほんの少し意識して、普段から目を労ってあげましょう。

 

 

 

 

眼精疲労改善 休眼 (1)

 

(C)NIKKEI

サラダを食べて眼精疲労予防しよう

kyugan 2017年09月2日 カテゴリー: ニュース

 

 

 

☆今日は、気になったニュースを紹介させて頂きます☆

ニュース提供媒体(配信先):インパクト十分! 1食で野菜不足解消の迫力サラダ

 

記事のココに注目

 

1.36種類の具材が大迫力

2.オーダーを受けてから90秒以内

3.目にも美しいサラダボウル

 

 

 

1食で1日分の必要量が余裕でとれるパワフルなサラダが次々に登場しています。

眼精疲労には緑黄色野菜に含まれるビタミンAが豊富です。

サラダを食べて眼精疲労を予防しましょう。

 

1.ニュースのメインとなる内容の抜粋

外食では「ここ数年は野菜ブーム」(飲食関係従事者)で、野菜をふんだんに食べられるカフェやレストランが増えています。

自宅ではとてもそろえられない、数十種類もの野菜を一度にとれるのは外食ならでは。

肉や魚介などたんぱく質も組み合わせたボリューム満点のサラダはもはや「主食」です。

 

 

 

2.注目ポイント1の詳細

「HAL YAMASHITA 大手町ラウンジ」の「新和食36(サブロー)サラダ」(1690円)は

36種類の野菜と肉・魚をワンプレートに盛り合わせておりボリューム満点なサラダです。

週に何度か来ても飽きないように毎日野菜の組み合わせが変わります。

3種類の自家製ドレッシングで最後まで飽きずにサラダを楽しめます。

 

 

 

3.注目ポイント2の詳細

1食で1日分の野菜が採れるサラダで眼精疲労予防

シンガポールで人気のサラダバー「サラダストップ!」が日本にも上陸しています。

表参道と六本木、そして6月には新橋に3号店がオープンしました。

60種類以上の素材と35種類以上あるドレッシングから好きなものを選べます。

オーダーを受けてから90秒以内に作られるサラダは何通りもの味が楽しめます。

 

 

 

4.注目ポイント3の詳細

1食で1日分の野菜が採れるサラダで眼精疲労予防

2017年4月にオープンした「スイートガーデン」では

「Sweet Garden(スイートガーデン)」(1350円)という食べられる花が添えられた

見た目にも美味しいサラダが大人気です。

 

 

 

5.注意点、補足など/ネット上の声

野菜が眼精疲労に効果的と言う事を知っていても

毎日同じようなサラダばかりが続けば飽きてしまいます。

人気店のサラダを参考にしてみてはいかがでしょうか?

 

 

 

6.まとめ

食生活の改善は1日だけ頑張っても意味がありません。

毎日コンスタントに続けてはじめて意味があるのです。

いつものサラダに飽きてしまったら時にはスペシャルなサラダで

楽しみながら眼精疲労予防に努めてください。

 

 

 

 

眼精疲労改善 休眼 (1)

 

(C)NIKKEI

眼科医が見落としやすい目の異常とは一体!?

kyugan 2017年09月2日 カテゴリー: ニュース

 

 

 

☆今日は、気になったニュースを紹介させて頂きます☆

ニュース提供媒体(配信先):眼科医が見逃しやすい目の異常(1)眼球の異常ではないのに起こる症状

 

記事のココに注目

 

1.よくある目の症状(不定愁訴)

2.白内障の手術はよく考えて

3.目鳴りとは何か

 

 

眼科医が見落としやすい目の異常とは一体!?

 

 

目のトラブルは眼科に行けばすぐに原因が特定され

気になる症状が解決されると思いがちですが

眼科医が見逃しやすい目の異常というのがあるようです。

 

1.ニュースのメインとなる内容の抜粋

「眼科医が見逃しやすい目の異常」をテーマにお話しします。

 

 

 

2.注目ポイント1の詳細

眼科医は目の病気には対応できますが、眼球に病気がないと

異常なし、大丈夫、精神的なものと片付けてしまいます。

目の不定愁訴はお医者さんが見逃しやすいようです。

 

 

 

3.注目ポイント2の詳細

白内障の場合でも常にまぶしさがあるわけではありません。

短絡的に手術を勧める医師は避けましょう。

自分の生活をよく考えて手術すべきかどうかを検討する必要があります。

 

 

 

4.注目ポイント3の詳細

「目鳴り」(高梨先生の造語)は左右の目の一がずれることなどで起こります。

右と左の見え方が大きく異なると複視の状態になってしまうのです。

バセドウ病や加齢黄斑変性などで起こることがあります。

 

 

 

5.注意点、補足など/ネット上の声

睡眠導入剤による眼瞼けいれんなども問題になっているようです。

依存性が高いものなので、利用する際には注意が必要です。

 

 

 

6.まとめ

眼科医ならすべての目の異常をすぐに解決できる!

というわけではないようです。

良い医者かどうか見極めることが必要になりますね。

 

 

 

 

眼精疲労改善 休眼 (1)

 

(C) The Yomiuri Shimbun.

TOPへ
Translate »