眼精疲労原因の改善・疲れ目の治し方の専門サロン

Blog

ブログ

若者のスマホ老眼が急増中!正しい使い方で目を守ろう!

kyugan 2018年04月1日 カテゴリー: スマホ老眼

 

 

 

☆今日は、気になったスマホ老眼情報を紹介させて頂きます☆

ニュース提供媒体(配信先):若者に「スマホ老眼」 長時間使用でピンぼけ

 

記事のココに注目

 

1.若い人でも「老眼」になる

2.スマホ老眼の予防方法とは

3.スマホ老眼の改善方法とは

 

 

若者のスマホ老眼が急増中!正しい使い方で目を守ろう!

 

 

目のピントが合いにくくなる「老眼」が若い世代にも広がっています。

本格的に視力が低下してしまう前にしっかり対策を行いましょう。

 

 

1.ニュースのメインとなる内容の抜粋

最近目のピントが合いにくい……。

中高年特有の症状と思いきや、若い世代にも広がっているという。

原因はスマートフォン(スマホ)の使いすぎによる「スマホ老眼」だ。

発症のしくみと予防・改善策を知っておこう。

 

 

 

2.注目ポイント1の詳細

スマホを長時間使用すると「スマホ老眼」になります。

遠くがぼやける、手元が見にくくなるなど老眼に似た症状が出て

頭痛やめまい、吐き気をもたらすことがあります。

 

 

 

3.注目ポイント2の詳細

スマホ老眼を予防するために重要なのが操作時の正しい姿勢です。

顔を画面に近づけるのを避けてください。

寝転がった姿勢でのスマホ操作は目の疲労に繋がります。

 

 

 

4.注目ポイント3の詳細

目の疲れを感じた時には入浴時にタオルで目の周辺を温めて

血流改善を行いましょう。

また目の機能維持に役立つポリフェノール類を豊富に含む

食品を積極的に摂るのも効果的です。

 

 

 

5.注意点、補足など/ネット上の声

仕事でパソコンを使う方だけではなく、スマホゲームや動画鑑賞で

長時間スマホを利用するという方は少なくありません。

できるだけ長時間連続でスマホを使用するのは避けるようにしましょう。

 

 

 

6.まとめ

スマホ老眼は放置すると本格的に視力が低下してしまいます。

使用時間を減らすこと、正しい姿勢で使うこと、予防をしっかり行うこと。

また疲れを感じた時にはケアをすることで目の健康をしっかり守りましょう。

 

 

 

 

眼精疲労改善 休眼 (1)

 

(C)NIKKEI

スマホ老眼にならないために行うべき3つのポイントとは?

kyugan 2018年03月22日 カテゴリー: スマホ老眼

 

 

 

☆今日は、気になったニュースを紹介させて頂きます☆

ニュース提供媒体(配信先):20~30代でも要注意 “スマホ老眼”にならないための3つのポイント

 

記事のココに注目

 

1.まばたき回数の低下に注意

2.スマホは目から離して使う

3.ブルーライトカットを遠ざける

 

 

スマホ老眼にならないために行うべき3つのポイントとは?

 

 

20~30歳代でも老眼の症状が出ることがあります。

スマホ老眼を悪化させないために、スマホ老眼にならないために

抑えるべき3つのポイントとは?

 

 

1.ニュースのメインとなる内容の抜粋

通常の老眼は40歳代から症状が出始めることが多い。

しかし、スマホを多用していると発症年齢がグンと下がり

20~30歳代でも老眼の症状が出ることもある。これが“スマホ老眼”です。

 

 

 

2.注目ポイント1の詳細

スマホを使用しているとまばたきの回数が減ります。

目の乾燥は血行不良の原因にもなり

これにより目の疲労が高まり、ドライアイを誘発しやすくなります。

 

 

 

3.注目ポイント2の詳細

スマホを見るときの目との距離が近いと毛様筋が過剰に緊張してしまい

目にコリが生じてしまいます。

目の疲れがスマホ老眼の原因となるので要注意です。

 

 

 

4.注目ポイント3の詳細

ブルーライトを浴び続けると眼精疲労が起きやすくなり毛様体筋の柔軟性が失われます。

至近距離から出るブルーライトを長時間浴びることで

スマホ老眼の危険性を高めてしまうのです。

 

 

 

5.注意点、補足など/ネット上の声

すでにスマホ老眼の症状が出ている人は目を温め、スマホの輝度を下げましょう。

夜だけブルーライトカットメガネを利用するなどでブルーライトも遠ざけ

できるだけスマホを使用する時間を少なくしましょう。

 

 

 

6.まとめ

やはりいちばん効果的な方法はスマホの使用時間を減らすことですね。

ブルーライト自体は太陽からも出ていますが

至近距離で長時間浴びていれば目に良くない影響があるのは明らかです。

 

 

 

 

眼精疲労改善 休眼 (1)

 

(C) NIFTY Corporation

疲れ目の原因を見分ける方法を眼科医が教えます!

kyugan 2018年02月8日 カテゴリー: スマホ老眼

 

 

 

☆今日は、気になったニュースを紹介させて頂きます☆

ニュース提供媒体(配信先):目の「酷使」or「乾燥」…疲れ目の原因は 1 つじゃない!

「疲れ目」の原因、あなたはどれ? 眼科医が教える判断ポイントとは

 

記事のココに注目

 

1.疲れ目を感じる人が増加

2.疲れ目の原因を見分ける方法

3.疲れ目の対策はどうすればいい?

 

 

疲れ目の原因を見分ける方法を眼科医が教えます!

 

 

「目の疲れが、日常生活に影響をおよぼすことはありますか?」と言う質問に対し

「家事や仕事への集中力が低下する」「車の運転に支障が出る」など

様々な影響が起きていることが明らかになりました。

 

 

1.ニュースのメインとなる内容の抜粋

参天製薬株式会社(本社:大阪市、代表取締役社長兼CEO 黒川明)は、

このたび、「疲れ目」を自覚する 20~40代の男女 500 名を対象とした意識・実態調査をおこないました。

また、調査結果をふまえて、眼科医の藤井澄先生に、「疲れ目」の原因と対策についてお話を伺いました。

 

 

 

2.注目ポイント1の詳細

パソコンやスマホなどデジタル機器の使用も多い現代人は

目の疲れを感じている人はなんと73%もいるそうです。

また目の疲れが気分や体調にも影響が出ていることがアンケートにより明らかになりました。

 

 

 

3.注目ポイント2の詳細

目の酷使が原因の場合には目の奥が重たい、頭が痛い

ピントが合いにくいなどの症状が出ることが多く

目の乾燥が原因の場合は目がゴロゴロする、目の表面がヒリヒリするなどの

特徴があります。

 

 

 

4.注目ポイント3の詳細

疲れ目対策として効果的なのが目薬です。

目薬によって効果効能が異なるため

自分の原因・症状にあった目薬を選びましょう。

 

 

 

5.注意点、補足など/ネット上の声

店頭で目薬を見てもどれを選べばいいのか迷った場合には

パッケージを良く見て確認したり薬剤師さんに

症状を伝えて選んでもらうと良いでしょう。

 

 

 

6.まとめ

疲れ目にならないようにすることが一番ですが

仕事をしていたりするとそうもいかないことが多いです。

目が疲れてしまったときには、しっかりケアをして

疲れを蓄積させないようにしましょう。

 

 

 

 

眼精疲労改善 休眼 (1)

 

(C) 2017 Santen Pharmaceutical Co., Ltd. All Rights Reserved.

目の症状に合わせて正しい目薬を選べてますか?

kyugan 2018年02月1日 カテゴリー: スマホ老眼

 

 

 

☆今日は、気になった眼精疲労情報を紹介させて頂きます☆

ニュース提供媒体(配信先):「疲れ目の原因」によって選ぶ目薬は違うんです! 眼科院長が教える選び方

 

記事のココに注目

 

1.パソコンやスマートフォンによる目の疲れが気になる場合

2.目の乾燥やそれに伴う角膜ダメージが気になる場合

3.加齢による目の変化を感じる場合

 

 

目の症状に合わせて正しい目薬を選べてますか?

 

 

自分にあった目薬を使っていますか?

目が疲れた、目が霞む、目が痒いなど目のトラブルによって

選ぶべき目薬は変更になります。

 

 

1.ニュースのメインとなる内容の抜粋

ひとくちに「目の疲れ・かすみ」といっても、原因はさまざま。

また、原因によって、必要な対処も異なります。

目の疲れやかすみを感じた時には「目薬」を使う、という人が多いかと思いますが

ご自身の疲れ・かすみの原因にあった成分を含む目薬を選ぶことが重要です。

 

 

 

2.注目ポイント1の詳細

パソコンやスマートフォンによる目の酷使が原因で目の疲れを感じている場合には

ピント調節筋(毛様体筋)の疲れをやわらげてくれる成分の配合された

目薬を選ぶようにしましょう。

 

 

 

3.注目ポイント2の詳細

コンタクトユーザーの方などで、目の乾燥や角膜ダメージが気になる場合は

目のうるおいを保つ保湿効果の高いものや、角膜保護成分がある目薬を選びましょう。

 

 

 

4.注目ポイント3の詳細

老眼や疲れ目など加齢による目の変化を感じる人は

年齢に伴って起こる涙液減少や目やにをおさえてくれる目薬などを選びましょう。

 

 

 

5.注意点、補足など/ネット上の声

風邪の症状に合わせて咳止めや鼻炎薬を使い分けるように

目の疲れ・かすみも全部同じと考えるのではなく

原因に合わせて目薬を使い分けることが大事です。

 

 

 

6.まとめ

現代人の多くが抱える悩みが「目の疲れ」です。

しかし症状に合わせて正しく目薬を選べている人は少ないようです。

自分の症状に合わせて目薬を選ぶことが目のケアにつながりますね。

 

 

 

 

眼精疲労改善 休眼 (1)

 

(C) 2018 SANKEI DIGITAL INC. All rights reserved.

TOPへ
Translate »