眼精疲労原因の改善・疲れ目の治し方の専門サロン

Blog

ブログ

ブルーライトカット眼鏡で「スマホ不眠」を改善しよう

kyugan 2018年02月22日 カテゴリー: スマートフォン

 

 

 

☆今日は、気になった眼精疲労情報を紹介させて頂きます☆

ニュース提供媒体(配信先):ブルーライトカット眼鏡は「スマホ不眠」に効く?夜に着けて睡眠の質アップ?

 

記事のココに注目

 

1.寝る前にスマホをいじる人が約半数

2.1週間の着用で睡眠時間が30分アップ!

3.医師も就寝前には浴びないようにと推奨

 

 

ブルーライトカット眼鏡で「スマホ不眠」を改善しよう

 

 

スマートフォン依存が重症化する一方でブルーライトによる睡眠障害が

問題となっています。

デジタルデトックスで睡眠の質を改善させましょう。

 

 

1.ニュースのメインとなる内容の抜粋

Shechter氏は「就寝前にブルーライトを浴びないようにするのが最良の選択肢。それでもデジタル機器を使用し続けたいのであれば、こうした何らかの方法でブルーライトをカットすることが望ましい」と説明する。

 

 

 

2.注目ポイント1の詳細

20~59歳のビジネスパーソン1000人を対象に実施した調査によると

「寝る前にスマホをいじる」と答えた人は41.4%。

更に、「部屋を暗くしてからもスマホを操作している」高校生も

半数近くいることが明らかになっています。

 

 

 

3.注目ポイント2の詳細

アメリカでは成人の2~3人に1人の割合で

入眠困難や中途覚醒といった不眠症の症状があるそうです。

そこで不眠症の方にブルーライトカット眼鏡を装着し生活したところ

参加者の睡眠時間が平均で30分延び、睡眠の質が向上しました。

 

 

 

4.注目ポイント3の詳細

アメリカ睡眠医学アカデミーのRaman Malhotra氏によると

一部の医師は不眠症の患者さんに対して

就寝前にアンバー系レンズ眼鏡の着用を推奨しているそうです。

 

 

 

5.注意点、補足など/ネット上の声

デジタルデトックスを完璧に現代で行うのは難しいことですが

不眠で悩んでいるなら寝る前の行動を少し見直してみると良いですね。

 

 

 

6.まとめ

寝る前にスマホを触るのをやめられないという人でも

ブルーライトカットの眼鏡をかけることは可能です。

色々工夫してブルーライトをできるだけ遠ざけるのが良いでしょう。

 

 

 

 

眼精疲労改善 休眼 (1)

 

(C) Health Press All Rights Reserved.

肩こりは日本独特の訴え!?欧米諸国には肩こりがないって本当?

kyugan 2018年02月4日 カテゴリー: スマートフォン

 

 

 

☆今日は、気になった眼精疲労情報を紹介させて頂きます☆

ニュース提供媒体(配信先):欧米には肩こりがない!?眼精疲労などがもたらす「肩こり」の恐怖

 

記事のココに注目

 

1.欧米諸国には肩こりに相当する言葉はない

2.目の疲れが肩こりの原因になることもある

3.電気治療や温熱治療で血流を改善しよう

 

 

肩こりは日本独特の訴え!?欧米諸国には肩こりがないって本当?

 

 

疲れた時に肩が凝る、長時間根を詰めて作業をしたら肩が痛くなる。

日本人の約8割以上が感じるという肩こりですが

欧米諸国には肩こりという言葉がないそうです。

 

1.ニュースのメインとなる内容の抜粋

「たかが肩こり」と思って放置していませんか?

甘くみていると、重大な病気がひそんでいることも。

発売中の週刊朝日MOOK「腰痛 肩こり ひざ痛のいい病院」では、肩こりの主な症状について取材。

まずは原因を知ることからはじめましょう。

 

 

 

2.注目ポイント1の詳細

欧米諸国には肩こりに相当する言葉がないそうです。

肩こりは日本人独自の訴えで、メカニズムも明らかではありません。

考えられる原因は多岐にわたりますが一般的な肩こりは筋肉によるこりです。

 

 

 

3.注目ポイント2の詳細

眼精疲労によるこりも「筋肉によるこり」の一種です。

パソコンやスマートフォンを使用すると僧帽筋に負担がかかり肩こりを引き起こします。

またスマホ首と眼精疲労が重なるとより症状が重くなります。

 

 

 

4.注目ポイント3の詳細

肩こりに確実に効くという治療法はありませんが

電気治療の一種である低周波治療や温熱療法は

筋肉をほぐし血流を改善することで肩こりの緩和ができます。

 

 

 

5.注意点、補足など/ネット上の声

肩こりの症状が重たくなると頭痛や耳鳴り、不眠など

様々な症状を引き起こします。

症状が重たくなる前に肩こりを改善するようにしましょう。

 

 

 

6.まとめ

肩こりを解消することも重要ですが

そもそも肩こりにならないように、目の負担を軽減させることも重要です。

パソコンやスマホは長時間使わずに必要な時に留めるのが良いでしょう。

 

 

 

眼精疲労改善 休眼 (1)

 

(C) DIAMOND,Inc. All Rights Reserved

ブルーライトと眼精疲労の関係性について知っていますか?

kyugan 2017年06月3日 カテゴリー: スマートフォン

 

 

 

☆今日は、気になったニュースを紹介させて頂きます☆

ニュース提供媒体(配信先):スマホやパソコンの「ブルーライト」が身体に与える影響とは?

 

記事のココに注目

 

1.ブルーライトとは一体?

 

2.ブルーライトが引き起こす症状

 

3.ブルーライトから身を守る方法

 

 

ブルーライトと眼精疲労の関係性について知っていますか?

 

 

「ブルーライトは目に良くない」というのは知っている人も多いのですが

具体的にブルーライトがどんな影響を身体に与えるのか?

どうすれば守れるのかについては知らない人が多いのではないでしょうか?

 

 

1.ニュースのメインとなる内容の抜粋

今回は、ブルーライトにより身体にどんな影響が出るのか

またブルーライトから身を守るにはどうしたらいいのか、医師に詳しい話を聞いてきました。

 

 

 

2.注目ポイント1の詳細

ブルーライトはパソコンやスマホなどの電子機器の

ディスプレイ画面から出る波長が380~550nmの範囲にある青い光です。

太陽光にも含まれますが特に電子画面から多く発生します。

 

 

 

3.注目ポイント2の詳細

ブルーライトは眼球そのものにダメージを与えます。

眼精疲労、視力の低下、体内時計を狂わせる、不眠症など

心身に大きな影響を与えることが問題になっています。

 

 

 

4.注目ポイント3の詳細

ブルーライトから目を守るためにはブルーライトをカットする

フィルムを画面に貼り付けたり、メガネをかけることが有効です。

同時に電子機器の使用時間を減らす必要もあります。

 

 

 

5.注意点、補足など/ネット上の声

仕事などでどうしても長時間ディスプレイ画面を見つめるという人は

フィルムやメガネを使用することと同時に

こまめに休憩を取るなどより積極的なブルーライト対策が必要になります。

 

 

 

6.まとめ

ブルーライトは眼精疲労を起こすだけではなく不眠症状なども引き起こします。

最近なんだかよく眠れずに疲れが取れないという場合には

ブルーライトが原因かも?と疑ったほうが良いですね。

 

 

 

 

 

眼精疲労改善 休眼 (1)

 

(C) NIFTY Corporation

TOPへ
Translate »