眼精疲労原因の改善・疲れ目の治し方の専門サロン

Blog

ブログ

眼精疲労やスマホ老眼を防いで目の若さと美しさを保ちましょう。

sumida-san 2018年02月11日 カテゴリー: 眼科医

 

 

 

☆今日は、気になった眼精疲労情報を紹介させて頂きます☆

ニュース提供媒体(配信先):若々しい瞳のために、今すぐするべき4つの習慣。

 

記事のココに注目

 

1.温めるケアで血流を促進させよう

2.目の筋トレと休息でスマホ老眼を予防

3.乱れた自律神経は呼吸筋トレーニングで整える

 

 

眼精疲労やスマホ老眼を防いで目の若さと美しさを保ちましょう。

 

 

女性の見た目を左右するのは肌のシミやたるみだけではありません。

瞳そのものが乾いていたり濁っていると見た目年齢にも影響を与えます。

目の健康と美しさを守るために目のケアを取り入れましょう。

 

1.ニュースのメインとなる内容の抜粋

『VOGUE JAPAN』12月号「うるんだ瞳のためにすべきこと。」では

クリアに輝くピュアなまなざしを守るためにマークすべきルールを徹底調査。

眼科医の平松類先生に瞳を健康に美しく保つ方法を

栄養学を得意とする皮膚科医の山崎まいこ先生に目周りの皮膚も含めたケアの秘訣を伺あった。

 

 

 

2.注目ポイント1の詳細

目の血管は細いため少しの血流低下でもトラブルに繋がります。

冷え性が原因でドライアイになったり長時間のスマホやPC作業でも

血流が低下してしまいます。

ツボ押し、温め、マッサージなどで血行を促しましょう。

 

 

 

3.注目ポイント2の詳細

スマホの使いすぎで視力が低下してしまうスマホ老眼は20代30代にも増えています。

ピント調整機能の筋力トレーニングで眼精疲労やスマホ老眼を予防しましょう。

意識的にまばたきをして目を休めることも大切です。

 

 

 

4.注目ポイント3の詳細アスタキサンチ

スマホやPCのブルーライトは太陽のように神経を活動モードにします。

デジタル危機を長時間使うと自律神経が乱れてしまうため

呼吸筋トレーニングで自律神経を整えて副交感神経のスイッチを入れましょう。

 

 

 

5.注意点、補足など/ネット上の声

ケアをすることも重要ですが、同時に疲労を遠ざけることも必要です。

PCやスマホを仕事で長時間使うならプライベートの時間では

リラックスすることを意識してデジタル危機の使用を控えるようにしましょう。

 

 

 

6.まとめ

知らず知らずのうちに瞳は老化してしまいます。

アンチエイジングが必要なのは肌だけではありません。

日常生活を少し改善して瞳のトラブルを予防しましょう。

 

 

 

 

眼精疲労改善 休眼 (1)

 

(C) Condé Nast Japan. ALL RIGHTS RESERVED

次世代の眼科臨床リーダーとなりうる若手医師を発表!

kyugan 2017年11月5日 カテゴリー: 眼科医

 

 

 

☆今日は、気になったニュースを紹介させて頂きます☆

ニュース提供媒体(配信先):2017年 Alcon Novartis Hida Memorial Award受賞者決定のお知らせ

 

記事のココに注目

 

1.2017年 Alcon Novartis Hida Memorial Awardが発表

2.本年度の受賞者2名

3.どんな人が選ばれるの?

 

 

次世代の眼科臨床リーダーとなりうる若手医師を発表!

 

 

眼科医の技術とはどうやって養われるのでしょうか?

眼科医の技術とはどのように評価されるのでしょうか?

Alcon Novartis Hida Memorial Awardが発表され

次世代を担う二人の優秀な眼科医が表彰されています。

 

 

1.ニュースのメインとなる内容の抜粋

日本アルコン株式会社 (本社: 東京都港区、代表取締役社長: ジム・マーフィー、以下「アルコン」) は

東京で開催された第71回日本臨床眼科学会共催 日本アルコン株式会社「2017年 Alcon Novartis Hida Memorial Award授賞セミナー」において

2017年「Alcon Novartis Hida Memorial Award」(以下「ANHMA」)の受賞者を発表し、授賞式を執り行いました。

今年のANHMAの受賞者は、北澤 耕司 先生(京都府立医科大学 眼科学教室)と 畑 匡侑 先生(京都大学 医学部 眼科学教室)に決定しました。

 

 

 

2.注目ポイント1の詳細

2017年 Alcon Novartis Hida Memorial Awardが発表され

受賞者の授賞式が執り行われました。

Alcon Novartis Hida Memorial Awardは将来の眼科臨床の

リーダーと成りうる眼科医師を育成支援するプログラムです。

 

 

 

3.注目ポイント2の詳細

受賞者一人目は京都府立医科大学 眼科学教室の北澤 耕司 先生

二人目は京都大学 医学部 眼科学教室の畑 匡侑 先生です。

 

 

 

4.注目ポイント3の詳細

Alcon Novartis Hida Memorial Awardは

40歳以下の日本の医師を持つ眼科医師であり、眼科専門領域において

十分な経験を持つ医師を対象として選出されます。

受賞者には海外眼科フェローシップ プログラムへの

参加助成金5万ドルが授与されるということです。

 

 

 

5.注意点、補足など/ネット上の声

優秀な眼科医が海外で更に学び、最新の技術などを得るというのは

長い目で見てとても素晴らしいことですね。

 

 

 

6.まとめ

眼科医を選ぶ時の基準として、その医師がどんな経歴を持つのか

一つの確認事項として確かめてみるのも良いですね。

 

 

 

 

眼精疲労改善 休眼 (1)

 

(C)JIJI PRESS LTD.,All Rights Reserved.

眼科医が見落としやすい目の異常とは一体!?

kyugan 2017年09月2日 カテゴリー: 眼科医

 

 

 

☆今日は、気になったニュースを紹介させて頂きます☆

ニュース提供媒体(配信先):眼科医が見逃しやすい目の異常(1)眼球の異常ではないのに起こる症状

 

記事のココに注目

 

1.よくある目の症状(不定愁訴)

2.白内障の手術はよく考えて

3.目鳴りとは何か

 

 

眼科医が見落としやすい目の異常とは一体!?

 

 

目のトラブルは眼科に行けばすぐに原因が特定され

気になる症状が解決されると思いがちですが

眼科医が見逃しやすい目の異常というのがあるようです。

 

1.ニュースのメインとなる内容の抜粋

「眼科医が見逃しやすい目の異常」をテーマにお話しします。

 

 

 

2.注目ポイント1の詳細

眼科医は目の病気には対応できますが、眼球に病気がないと

異常なし、大丈夫、精神的なものと片付けてしまいます。

目の不定愁訴はお医者さんが見逃しやすいようです。

 

 

 

3.注目ポイント2の詳細

白内障の場合でも常にまぶしさがあるわけではありません。

短絡的に手術を勧める医師は避けましょう。

自分の生活をよく考えて手術すべきかどうかを検討する必要があります。

 

 

 

4.注目ポイント3の詳細

「目鳴り」(高梨先生の造語)は左右の目の一がずれることなどで起こります。

右と左の見え方が大きく異なると複視の状態になってしまうのです。

バセドウ病や加齢黄斑変性などで起こることがあります。

 

 

 

5.注意点、補足など/ネット上の声

睡眠導入剤による眼瞼けいれんなども問題になっているようです。

依存性が高いものなので、利用する際には注意が必要です。

 

 

 

6.まとめ

眼科医ならすべての目の異常をすぐに解決できる!

というわけではないようです。

良い医者かどうか見極めることが必要になりますね。

 

 

 

 

眼精疲労改善 休眼 (1)

 

(C) The Yomiuri Shimbun.

目の健康にはルテインが必要だ、と眼科医が発表!

kyugan 2017年07月5日 カテゴリー: 眼科医

 

 

 

☆今日は、気になったニュースを紹介させて頂きます☆

ニュース提供媒体(配信先):【眼科医100名に聞いた!】眼科医が実践する目の老化を防ぐ健康法を大発表!

 

記事のココに注目

 

1.現役の眼科医100名にアンケート調査

 

2.目の健康には食生活が重要と判明

 

3.ルテインは目の健康に効果的

 

 

目の健康にはルテインが必要だ、と眼科医が発表!

 

 

最近、目の健康に良いと言われるようになった「ルテイン」は

本当に眼科医も眼精疲労の緩和を認める効果だったことが判明!

 

 

1.ニュースのメインとなる内容の抜粋

株式会社わかさ生活は、医療機関でご縁のある眼科医100名を対象に

目の老化を防ぐ健康法についてのアンケートを実施しました。

その結果、100名中96名の方が「目の健康のためにルテインが必要だ」という結果がでました。

 

 

 

 

 

2.注目ポイント1の詳細

ブルーベリーアイなど目の健康を維持するためのサプリメントを発売する

株式会社わかさ生活が現役の眼科医100名にアンケート調査を行いました。

実際に「目」を守るために日夜励まれている医師が認めた目の健康方法を紹介しています。

 

 

 

3.注目ポイント2の詳細

100人中58人、過半数の医師が実際に目の健康促進のために

日々実践していることは「食生活に気をつける」ことでした。

医食同源というように食べることは体を作ること。

やはり食べ物から目の健康は守られるのですね。

 

 

 

4.注目ポイント3の詳細

話題の成分「ルテイン」は眼科医100人中96人が必要であると解答しています。

理由もアメリカの国立眼研究所での大規模な研究がおこなわれていることや

科学的根拠がハッキリと出ているということからルテインを補うことが

目の健康に役立つと考えているようです。

 

 

 

5.注意点、補足など/ネット上の声

ルテインは年齢とともに減少する成分でありながらも

食事から十分に摂取するのが難しい成分です。

食生活の改善だけでは目の健康に十分とは言えないのではないでしょうか?

 

 

 

6.まとめ

食事からの摂取が難しいルテインはサプリメントから摂取するのが効率的でしょう。

日々の生活でディスプレイ画面を長時間見つめる暮らしをしている人は

意識的に摂取するようにしたいものですね。

 

 

 

 

 

眼精疲労改善 休眼 (1)

 

(C) WAKASA SEIKATSU Corporation. All Rights Reserved.

TOPへ
Translate »