眼精疲労原因の改善・疲れ目の治し方の専門サロン

Blog

ブログ

近い未来、老眼の治療薬が実現する可能性が!?

kyugan 2018年07月26日 カテゴリー: 老眼

 

 

 

☆今日は、気になったニュースを紹介させて頂きます☆

ニュース提供媒体(配信先):医学博士語る「老眼治療薬」の将来、米国ではすでに臨床試験も

 

記事のココに注目

 

1.多くの人が勘違いしている、老眼に対する誤解

2.老眼を治す治療薬は存在しない?

3.老眼は一生元に戻すことができない

 

 

近い未来、老眼の治療薬が実現する可能性が!

 

 

老眼は防げない、治らない。年をとったら、みな老眼鏡が必需品に、と思っている人は多いのでは?

でもそれは、老眼に対する大きな誤解。現代の医学では、予防も改善も可能なのです

 

1.ニュースのメインとなる内容の抜粋

「老眼」は、40代も半ばを過ぎれば誰にでも訪れる老化現象の1つ。

だが、健康寿命が延びて、さまざまな病気が予防可能になったにもかかわらず

目だけは“仕方がない”とあきらめている人が多い。

「これは、老眼の“正しい知識”が広く伝わっていないからです。

 

 

 

2.注目ポイント1の詳細

老眼は目の衰えだけが原因と思われがちですが

目から入ってきた信号を脳で受け取る、つまり脳の老化や損傷も影響があります。

また老眼鏡をかけると悪化するというのも勘違いです。

 

 

 

3.注目ポイント2の詳細

老眼を治す治療薬はないと思われがちですが

すでにアメリカで開発が進んでおり、臨床試験に入っています。

アメリカで実用化すれば、いずれ日本でも仕様できるようになるでしょう。

 

 

 

4.注目ポイント3の詳細

老眼は一度進行してしまうと一生元に戻らないと思われがちです。

しかし老眼は外科手術により治療可能です。

老眼の症状が辛い場合には医師に相談しましょう。

 

 

 

5.注意点、補足など/ネット上の声

老眼の手術は目の疾患があると受けられないことがあるそうです。

また手術をしても20代のころと同じように

クリアな視界になるわけではないようです。

 

 

 

6.まとめ

老眼に悩んでいる人は決して少なくありません。

近年では眼精疲労からスマホ老眼になる方も少なくありません。

近い将来、老眼の治療薬ができるというのは嬉しいニュースですね。

 

 

 

 

眼精疲労改善 休眼 (1)

 

(C) Kobunsha Co., Ltd. All Rights Reserved.

左右の視力さが「0.5」以上ある人は要注意!疲れ目のリスクが大!

kyugan 2018年07月19日 カテゴリー: 老眼

 

 

 

☆今日は、気になった眼精疲労情報を紹介させて頂きます☆

ニュース提供媒体(配信先):左右の視力差が0.5以上ある人は疲れやすい

 

記事のココに注目

 

1.左右の視力の差が「0.5」以上あるとどうなる?

2.さらなるトラブルに巻き込まれることも

3.高齢者の場合は…

 

 

左右の視力さが「0.5」以上ある人は要注意!疲れ目のリスクが大!

 

 

体の片側だけに痛みが訪れる経験がある人も多いです。

しかし左右差を放置しておくと取り返しのつかないことになるかもしれません。

 

 

1.ニュースのメインとなる内容の抜粋

左右で数値が異なる例として、「視力」がある。

二本松眼科病院の平松類医師は、視力差を軽く見てはいけないと警鐘を鳴らす。

 

 

 

2.注目ポイント1の詳細

左右の視力に0.5以上の差がある場合には

目が疲れやすくなったり、気分が悪くなったり、頭痛がするなど

日常生活に影響が出ることがあります。

 

 

 

3.注目ポイント2の詳細

左右で視力に差があると遠近感がつかめなくなり

雑踏で人にぶつかってしまったり、階段や坂道で

転んだりする可能性が高まります。

思わぬ事故を視力の差が招き寄せてしまうことがあるのです。

 

 

 

4.注目ポイント3の詳細

特に高齢者の場合は転んで骨折をするとそのまま寝たきりになってしまう

ケースが少なくありません。

寝たきりになれば認知症リスクも高まり大変危険です。

高齢者で視力差がある人はすぐに眼科を受診して視力を矯正しましょう。

 

 

 

5.注意点、補足など/ネット上の声

左右で視力に差がある、というのはよく聞く話しです。

定期検診で視力に差があることがわかった場合には

メガネやコンタクトレンズを見直すなど注意が必要です。

 

 

 

6.まとめ

なぜ左右で視力に差が出るかは医学的に分かっていないそうです。

ただ問題が起きることは事実ですから

放置せずに視力にあった眼鏡などを利用することが大事ですね。

 

 

 

 

眼精疲労改善 休眼 (1)

 

(C) NIFTY Corporation

若者のスマホ老眼が急増中!正しい使い方で目を守ろう!

kyugan 2018年04月1日 カテゴリー: 老眼

 

 

 

☆今日は、気になったスマホ老眼情報を紹介させて頂きます☆

ニュース提供媒体(配信先):若者に「スマホ老眼」 長時間使用でピンぼけ

 

記事のココに注目

 

1.若い人でも「老眼」になる

2.スマホ老眼の予防方法とは

3.スマホ老眼の改善方法とは

 

 

若者のスマホ老眼が急増中!正しい使い方で目を守ろう!

 

 

目のピントが合いにくくなる「老眼」が若い世代にも広がっています。

本格的に視力が低下してしまう前にしっかり対策を行いましょう。

 

 

1.ニュースのメインとなる内容の抜粋

最近目のピントが合いにくい……。

中高年特有の症状と思いきや、若い世代にも広がっているという。

原因はスマートフォン(スマホ)の使いすぎによる「スマホ老眼」だ。

発症のしくみと予防・改善策を知っておこう。

 

 

 

2.注目ポイント1の詳細

スマホを長時間使用すると「スマホ老眼」になります。

遠くがぼやける、手元が見にくくなるなど老眼に似た症状が出て

頭痛やめまい、吐き気をもたらすことがあります。

 

 

 

3.注目ポイント2の詳細

スマホ老眼を予防するために重要なのが操作時の正しい姿勢です。

顔を画面に近づけるのを避けてください。

寝転がった姿勢でのスマホ操作は目の疲労に繋がります。

 

 

 

4.注目ポイント3の詳細

目の疲れを感じた時には入浴時にタオルで目の周辺を温めて

血流改善を行いましょう。

また目の機能維持に役立つポリフェノール類を豊富に含む

食品を積極的に摂るのも効果的です。

 

 

 

5.注意点、補足など/ネット上の声

仕事でパソコンを使う方だけではなく、スマホゲームや動画鑑賞で

長時間スマホを利用するという方は少なくありません。

できるだけ長時間連続でスマホを使用するのは避けるようにしましょう。

 

 

 

6.まとめ

スマホ老眼は放置すると本格的に視力が低下してしまいます。

使用時間を減らすこと、正しい姿勢で使うこと、予防をしっかり行うこと。

また疲れを感じた時にはケアをすることで目の健康をしっかり守りましょう。

 

 

 

 

眼精疲労改善 休眼 (1)

 

(C)NIKKEI

人気マンガ『JIN-仁-』を読んで目の健康について学びましょう!

kyugan 2017年12月10日 カテゴリー: 老眼

 

 

 

☆今日は、気になったニュースを紹介させて頂きます☆

ニュース提供媒体(配信先):人気マンガ『JIN-仁-』の新エピソード公開 南方仁が最新治療で江戸の人々の“目”を救う

 

記事のココに注目

 

1.人気医療マンガ『JIN-仁-』がコラボ

2.週に1本ずつ計3本が公開

3.気になる内容は…?

 

 

人気マンガ『JIN-仁-』を読んで目の健康について学びましょう!

 

 

ドラマ化もされた人気医療漫画『JIN-仁-』を使った

オリジナルエピソードが公開されています。

目の健康について楽しく学ぶことができる役立つ内容です。

 

 

1.ニュースのメインとなる内容の抜粋

10月10日の「目の愛護デー」、そして12日の「世界視力デー」にちなみ、2011年に大沢たかお主演で実写ドラマ化もされた人気医療マンガ『JIN-仁-』を使ったオリジナルエピソードを公開している。

 

 

 

2.注目ポイント1の詳細

コンタクトレンズや眼科手術器等のメーカーである

日本アルコン株式会社と眼科医薬品を扱うアルコンファーマー株式会社による

『「JIN-仁-」x「アルコン」眼の章』というマンガが公開されています。

 

 

 

3.注目ポイント2の詳細

注目のマンガの連載は合計3回です。

10月10日に公開された「老眼」、17日に公開された「糖尿病網膜症」

そして24日の「白内障」が公開されています。

 

 

 

4.注目ポイント3の詳細

『JIN-仁-』の主人公である南方仁先生がタイムスリップした江戸時代で

目の疾患や症状に悩む登場人物に現代の最新治療を伝授するという内容で

原作の漫画同様に役に立つ内容となっています。

 

 

 

5.注意点、補足など/ネット上の声

普段はあまり目の健康について意識をしないという方も多いでしょう。

目の健康は損なわれて初めて重大さに気がつくもの。

早め早めの予防が何よりも大切です。

 

 

 

6.まとめ

面白く読める内容なので、周囲で目に悩みを抱えている方がいたら

さりげなくおすすめするのも良いですね。

正しい知識を身に着けて目の健康を守りましょう。

 

 

 

 

眼精疲労改善 休眼 (1)

 

(C) 2017 Novartis AG

40代から目の不調が増えるって本当!?眼科医が教える対策とは!

kyugan 2017年12月3日 カテゴリー: 老眼

 

 

 

☆今日は、気になった眼精疲労情報を紹介させて頂きます☆

ニュース提供媒体(配信先):トレンド総研 調査レポート:老眼だけじゃない! 40代であらわれる「目の曲がり角」

 

記事のココに注目

 

1.40~80代の7割以上が、「目の健康」に自信ナシ

2.悩みを感じやすいのは「疲れ目」と「かすみ目」

3.「ビタミンA」と「コンドロイチン」が大事!

 

 

40代から目の不調が増えるって本当!?眼科医が教える対策とは!

 

 

40~80代の男女500名を対象に目に関する意識調査が行われました。

その結果、目の健康に自信がないという人が多く

疲れ目とかすみ目に悩んでいる人が多いことが明らかになりました。

 

 

1.ニュースのメインとなる内容の抜粋

老眼だけじゃない! 40代であらわれる「目の曲がり角」

「目の不調が増えた」と感じる年齢は、平均49歳!

2大悩みは「疲れ目」&「かすみ目」

眼科医が教える、加齢による目の疲れ・かすみの対処法

対策のポイントは「ビタミンA」と「コンドロイチン」、濃度にも注目を

 

 

 

2.注目ポイント1の詳細

目の健康に自身があるとアンケートに答えたのは約30%。

残りの7割は目の健康に自身がもてず、40歳を過ぎてから

目の不調を感じる様になった人が多くいることが分かりました。

 

 

 

3.注目ポイント2の詳細

老眼以外では特に悩んでいる人が多いトラブルが疲れ目とかすみ目です。

仕事でパソコンを使ったり電子書籍を読んでいる時に画面がぼやけると

悩みの声があげられていました。

 

 

 

4.注目ポイント3の詳細

眼科医によると疲れ目、かすみには涙液不足が原因になることが多いそうです。

この涙液不足を改善するのがビタミンAとコンドロイチンです。

目薬を購入する際にはこの2つが配合されているかをチェックすると良いでしょう。

 

 

 

5.注意点、補足など/ネット上の声

疲れ目、かすみ目の原因は一つではありません。

目薬で目を潤しても症状が続くようであれば、別の原因があることも考えられます。

眼科で一度検査を受けると良いでしょう。

 

 

 

6.まとめ

一般的に目の涙液量は年齢と共に減少します。

つまり何もしていなくても加齢によってドライアイは進行します。

年齢に合わせて適切なケアが必要ですね。

 

 

 

 

眼精疲労改善 休眼 (1)

 

(C) 2001-2017 by Kyodo News PR Wire. All rights reserved.

TOPへ
Translate »