眼精疲労原因の改善・疲れ目の治し方の専門サロン

Blog

ブログ

知らず知らずのうちに「疲れ目」になっていませんか?

kyugan 2017年09月6日 カテゴリー: パソコン

 

 

 

☆今日は、気になった眼精疲労情報を紹介させて頂きます☆

ニュース提供媒体(配信先):【眼科医に聞いた】あなたは大丈夫? 「疲れ目」NG習慣 チェックリスト

 

記事のココに注目

 

1.3人に1人が「疲れ目」で仕事のミス経験あり!

2.「疲れ目」NG習慣 チェックリスト

3.正しい疲れ目ケア

 

 

【眼科医に聞いた】あなたは大丈夫? 「疲れ目」NG習慣 チェックリスト

 

 

PCやスマホの長時間利用で疲れ目担っている人が増えています。

仕事のミスに繋がることもあるようで、個人の問題にとどまらなくなっています。

日頃から目を酷使している人は注意が必要です。

 

 

1.ニュースのメインとなる内容の抜粋

最近、目の疲れが気になることはありませんか?

ある調査によると、目の疲れがストレスや仕事のミスに繋がっていると感じている人もいるのだそう。

パソコンの長時間使用、スマホが欠かせない生活など、確かに目を酷使することが多いですよね。

そこで今回は、「疲れ目チェックリスト」と、眼科医の先生による正しい疲れ目ケアをご紹介します。

 

 

 

2.注目ポイント1の詳細

20~50代の会社員男女500名にアンケートを行った結果

目の疲れを感じている人が9割を超えるという結果が得られました。

また目の疲れから数字入力を間違えた、集中力を欠いて誤字に気づかなかったなど

疲れ目がミスを誘発していることも明らかになりました。

 

 

 

3.注目ポイント2の詳細

「疲れ目」NG習慣チェックリストが公開されています。

お酒をたくさん飲む、エアコンのきいた部屋にいることが多いなど

意外な項目もあるので気になる方はチェックしてみましょう。

 

 

 

4.注目ポイント3の詳細

眼科医による疲れ目対策が6つ紹介されています。

メガネやコンタクトレンズの度数を強くすると

かえって目に負担がかかるため注意が必要だそうです。

矯正すれば良いというわけではなく、自分に合った矯正具が必要ですね。

 

 

 

5.注意点、補足など/ネット上の声

現代病とも言える「疲れ目」「眼精疲労」は放置すると目のトラブルにも繋がります。

今すぐ実行できる疲れ目対策で目をいたわりましょう。

 

 

 

6.まとめ

疲れ目を感じたら目を温めたりして血流を改善させましょう。

PCの使用時間を減らすのは難しくても出来る対策はいくつもあります。

こまめに目を労ることで深刻なトラブルを予防できます。

 

 

 

 

 

 

眼精疲労改善 休眼 (1)

 

(C)INCLUSIVE Inc.2014-2017 All rights resaved.

“疲れがとれない” 新現代病「ストレートネック」とは一体!?

kyugan 2017年06月24日 カテゴリー: パソコン

 

 

 

☆今日は、気になったニュースを紹介させて頂きます☆

ニュース提供媒体(配信先):スマホが原因⁉︎ “疲れがとれない” 新現代病「ストレートネック」の原因と改善法

 

記事のココに注目

 

1.なかなかとれない「ツライ」疲れ。その原因はスマホやパソコンにあった!

 

2.ストレートネックの恐さとは?

 

3.ストレートネックの症状とは?

 

 

“疲れがとれない” 新現代病「ストレートネック」とは一体!?

 

 

あなたも知らず知らずのうちにストレートネックになっているかも!?

スマホやパソコンを長時間使う習慣がある人は要注意です。

あなたの眼精疲労の原因はストレートネックかもしれません。

 

 

1.ニュースのメインとなる内容の抜粋

最近でよく見られるのが、スマートフォンの使い過ぎによる「スマホ症候群」。

スマートフォンを使う際の不自然な姿勢によって生じる次のような症状を指します。

この状態が長く続くと、自律神経が疲弊し、眼精疲労が引き起こされるのです。

 

 

 

2.注目ポイント1の詳細

パソコンやスマホなどを固定された距離で長時間眺めていると

自律神経が疲弊し、眼精疲労が引き起こされます。

眼精疲労がたまると血圧が上がり緊張状態となり疲れがたまりやすくなり

全身の血流も滞ってしまいます。

 

 

 

3.注目ポイント2の詳細

人間の背骨は横から見るとゆるやかにカーブしています。

スマホを長時間見ていると顔の位置が前に出る猫背常態になり

カーブがなくなりストレートになってしまいます。

この骨の変化がスマートネックと呼ばれるものです。

 

 

 

4.注目ポイント3の詳細

スマートネックになると眼精疲労だけではなく、つらい肩こりや頭痛

手や腕のしびれ、めまい・吐き気などに繋がります。

また鬱症状など心理的な症状も頚椎が圧迫されている原因となることもあります。

 

 

 

5.注意点、補足など/ネット上の声

スマホやパソコンを長時間使う時にはこまめに休憩時間をはさみ

姿勢を一度リセットしましょう。

またエクササイズなどで身体の緊張をほぐすことも大事です。

 

 

 

6.まとめ

SNS依存のようになっている方も多いようです。

通勤時間にスマホばかりいじっていませんか?

休憩時間にスマホを触っていませんか?

仕事でパソコンを良く使う人は、プライベートな時間での使用を

少し抑えるようにしなければいけません。

 

 

 

 

眼精疲労改善 休眼 (1)

 

(C) SHUFU TO SEIKATSU SHA CO.,LTD. All rights reserved.

ブルーライトと眼精疲労の関係性について知っていますか?

kyugan 2017年06月3日 カテゴリー: パソコン

 

 

 

☆今日は、気になったニュースを紹介させて頂きます☆

ニュース提供媒体(配信先):スマホやパソコンの「ブルーライト」が身体に与える影響とは?

 

記事のココに注目

 

1.ブルーライトとは一体?

 

2.ブルーライトが引き起こす症状

 

3.ブルーライトから身を守る方法

 

 

ブルーライトと眼精疲労の関係性について知っていますか?

 

 

「ブルーライトは目に良くない」というのは知っている人も多いのですが

具体的にブルーライトがどんな影響を身体に与えるのか?

どうすれば守れるのかについては知らない人が多いのではないでしょうか?

 

 

1.ニュースのメインとなる内容の抜粋

今回は、ブルーライトにより身体にどんな影響が出るのか

またブルーライトから身を守るにはどうしたらいいのか、医師に詳しい話を聞いてきました。

 

 

 

2.注目ポイント1の詳細

ブルーライトはパソコンやスマホなどの電子機器の

ディスプレイ画面から出る波長が380~550nmの範囲にある青い光です。

太陽光にも含まれますが特に電子画面から多く発生します。

 

 

 

3.注目ポイント2の詳細

ブルーライトは眼球そのものにダメージを与えます。

眼精疲労、視力の低下、体内時計を狂わせる、不眠症など

心身に大きな影響を与えることが問題になっています。

 

 

 

4.注目ポイント3の詳細

ブルーライトから目を守るためにはブルーライトをカットする

フィルムを画面に貼り付けたり、メガネをかけることが有効です。

同時に電子機器の使用時間を減らす必要もあります。

 

 

 

5.注意点、補足など/ネット上の声

仕事などでどうしても長時間ディスプレイ画面を見つめるという人は

フィルムやメガネを使用することと同時に

こまめに休憩を取るなどより積極的なブルーライト対策が必要になります。

 

 

 

6.まとめ

ブルーライトは眼精疲労を起こすだけではなく不眠症状なども引き起こします。

最近なんだかよく眠れずに疲れが取れないという場合には

ブルーライトが原因かも?と疑ったほうが良いですね。

 

 

 

 

 

眼精疲労改善 休眼 (1)

 

(C) NIFTY Corporation

若年層を中心に増える「スマホ老眼」に要注意!当てはまるものがないかチェックしてみよう!

kyugan 2017年04月9日 カテゴリー: パソコン

☆今日は、気になったニュースを紹介させて頂きます☆

 

ニュース提供媒体(配信先):6個以上該当する人は要注意!若年層に広がる「スマホ老眼」とは

 

スマホ老眼

 

記事のココに注目

*ざっくりまとめると

1.「スマホ老眼」が20代~40代に増えている
2.「スマホ老眼」とは
3.「スマホ老眼」チェックシートで6個以上あてはまったら要注意

 

 

スマホを長時間使用するのが当たり前になっていませんか?

スマホが手放せないという人はスマホ老眼になるリスクが大です。

暇な時にはよくスマホを触るなんて人は、少しスマホの使用時間を抑えてみましょう。

 

 

1.ニュースのメインとなる内容の抜粋

スマートフォン(以下・スマホ)やパソコンなどの使用で目の疲れを感じる

「スマホ老眼」が20~40代の若年層で増えている。

株式会社ファンケルヘルスサイエンスが20~60代の男女1万8人に行った調査では

目の疲れがある人は全体の86.2%を占め、その原因として56.4%の人が

「スマホやパソコンを利用したことによるもの」と回答。

特に20~30代で63%、40代でも59%が同様の回答で

スマホやパソコンの使用頻度が多い層に顕著な傾向が見られた。

 

 

2.注目ポイント1の詳細

本来は老眼のような症状が起こるはずない若い世代を中心に

まるで老眼のような症状が現れる「スマホ老眼」が増えているようです。

特にスマホやパソコンを長時間使う人に多く症状が見られます。

 

 

3.注目ポイント2の詳細

スマホ老眼は老眼のように目のピント調整機能が衰えてしまうことです。

老眼は加齢とともに目の水晶体が硬くなり起こりますが

スマホ老眼の場合には水晶体が柔かいままですが

毛様体筋が凝り固まり似たような症状が現れるようです。

 

 

4.注目ポイント3の詳細

スマホ老眼のチェック項目が掲載されています。

・小さい文字やディスプレイを1日3時間以上見る

・まぶたがピクピクとけいれんする

などの設問に6つ以上当てはまる場合には要注意です。

 

 

5.注意点、補足など/ネット上の声

スマホ老眼の症状は一時的なものですが

症状を長期的に放置してしまうと視力の低下につながることもあるようです。

 

 

 

6.まとめ

仕事でPCを使い、通勤時間や自宅ではスマホでSNS…

というような生活をしている人は目を酷使しすぎです。

意識的に目を休めなければいけません。

 

 

 

眼精疲労改善 休眼 (1)
(C)1997-2017 Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.

TOPへ
Translate »