眼精疲労原因の改善・疲れ目の治し方の専門サロン

Blog

ブログ

ブルーライトカット眼鏡で「スマホ不眠」を改善しよう

kyugan 2018年02月22日 カテゴリー: 眼鏡

 

 

 

☆今日は、気になった眼精疲労情報を紹介させて頂きます☆

ニュース提供媒体(配信先):ブルーライトカット眼鏡は「スマホ不眠」に効く?夜に着けて睡眠の質アップ?

 

記事のココに注目

 

1.寝る前にスマホをいじる人が約半数

2.1週間の着用で睡眠時間が30分アップ!

3.医師も就寝前には浴びないようにと推奨

 

 

ブルーライトカット眼鏡で「スマホ不眠」を改善しよう

 

 

スマートフォン依存が重症化する一方でブルーライトによる睡眠障害が

問題となっています。

デジタルデトックスで睡眠の質を改善させましょう。

 

 

1.ニュースのメインとなる内容の抜粋

Shechter氏は「就寝前にブルーライトを浴びないようにするのが最良の選択肢。それでもデジタル機器を使用し続けたいのであれば、こうした何らかの方法でブルーライトをカットすることが望ましい」と説明する。

 

 

 

2.注目ポイント1の詳細

20~59歳のビジネスパーソン1000人を対象に実施した調査によると

「寝る前にスマホをいじる」と答えた人は41.4%。

更に、「部屋を暗くしてからもスマホを操作している」高校生も

半数近くいることが明らかになっています。

 

 

 

3.注目ポイント2の詳細

アメリカでは成人の2~3人に1人の割合で

入眠困難や中途覚醒といった不眠症の症状があるそうです。

そこで不眠症の方にブルーライトカット眼鏡を装着し生活したところ

参加者の睡眠時間が平均で30分延び、睡眠の質が向上しました。

 

 

 

4.注目ポイント3の詳細

アメリカ睡眠医学アカデミーのRaman Malhotra氏によると

一部の医師は不眠症の患者さんに対して

就寝前にアンバー系レンズ眼鏡の着用を推奨しているそうです。

 

 

 

5.注意点、補足など/ネット上の声

デジタルデトックスを完璧に現代で行うのは難しいことですが

不眠で悩んでいるなら寝る前の行動を少し見直してみると良いですね。

 

 

 

6.まとめ

寝る前にスマホを触るのをやめられないという人でも

ブルーライトカットの眼鏡をかけることは可能です。

色々工夫してブルーライトをできるだけ遠ざけるのが良いでしょう。

 

 

 

 

眼精疲労改善 休眼 (1)

 

(C) Health Press All Rights Reserved.

コンタクトレンズで仕事や恋がうまく行く!?春は印象を変えるチャンス!

kyugan 2017年05月17日 カテゴリー: 眼鏡

 

 

 

☆今日は、気になったニュースを紹介させて頂きます☆

ニュース提供媒体(配信先):新生活シーズンは「コンタクトデビュー」のチャンス、デビュー直後は「目の悩み」が4割増しに!?

 

 

記事のココに注目

 

1.春は「コンタクトデビュー」にぴったりの季節!?

 

2.コンタクトレンズが仕事や恋愛にプラスの影響

 

3.デビュー直後に「目の悩みが増えた」人も半数超え

 

 

コンタクトレンズ

 

 

キャッチコピー&特徴

メガネからコンタクトレンズに変えると印象が大きく変わります。

流行りのメイクをしたりおしゃれをしたり見た目を大きく変えるなら

コンタクトレンズが強い味方になってくれます。

 

1.ニュースのメインとなる内容の抜粋

参天製薬株式会社は、「新生活シーズンのコンタクトデビュー」をテーマに、20~30代のコンタクトレンズユーザー500名を対象とした意識・実態調査を行いました。

 

 

 

2.注目ポイント1の詳細

メガネユーザーがコンタクトレンズに変えるのは少し勇気がいります。

周囲からの注目も浴びることになりますから

新しいコミュニティーにうつる春はコンタクトレンズに変えるチャンスです。

実際にコンタクトレビューをした人の3割が春を選んでいます。

 

 

 

3.注目ポイント2の詳細

コンタクトレンズが恋愛・仕事・学校生活に与えたプラスの影響についても

アンケート調査が行われています。

メイクがしやすくなった、動く時に邪魔にならないので部活で活躍できるなど

見た目や動作など様々な点に変化があることが分かりました。

 

 

 

4.注目ポイント3の詳細

コンタクトレンズはプラスの影響が大きいという調査結果が明らかな反面

目のトラブルを半数以上が経験していました。

目が乾きやすい、異物感がある、目が疲れやすくなるなどです。

 

 

 

5.注意点、補足など/ネット上の声

コンタクトレンズは便利な反面、やはりトラブルが起きやすいものです。

特にデビュー直後は使用に慣れていないということから

目のトラブルが起こりがちなので注意しなくてはいけません。

 

 

 

6.まとめ

コンタクトは正しく使えばとても便利なアイテムです。

マスクをつけてもメガネと違って曇ることもありませんし

運動をしても邪魔になりません。

正しい知識を身につけることが重要です。

 

 

 

 

眼精疲労改善 休眼 (1)

 

(C) PR TIMES Inc. All Rights Reserved.

コンタクトレンズ・メガネの利用状況を調査!

kyugan 2017年02月25日 カテゴリー: 眼鏡

 

 

 

☆今日は、気になったニュースを紹介させて頂きます☆

ニュース提供媒体(配信先):コンタクトレンズに関するアンケート調査

 

 

記事のココに注目

 

1.コンタクトレンズの利用者は2割強

 

2.コンタクトレンズとメガネの併用者のうち、「主にコンタクトレンズを使っている」は6割弱

 

3.コンタクトレンズ選定時の基準

 

 

 

 

自分に合ったメガネ、コンタクトレンズを使用していますか?

多くの人はコンタクトレンズをどんな基準で選んでいるのでしょうか?

 

 

1.ニュースのメインとなる内容の抜粋

コンタクトレンズの利用者は2割強。メガネと併用している人のうち、「主にコンタクトレンズを使っている」は6割弱。

『コンタクトレンズの利用』に関するインターネット調査を2016年12月1日~5日に実施し、10,554件の回答を集めました。

 

 

 

2.注目ポイント1の詳細

約1万人に調査したうち、コンタクトレンズの利用者は21.8でした。

そのうち、コンタクトとメガネを併用しているのが19.8%。

コンタクトレンズだけを使用しているが2.0%です。

利用者は女性や20~30代で高く、男性20・30代で3割弱

女性20・30代では4割強~5割弱となっています。

 

 

 

3.注目ポイント2の詳細

コンタクトレンズとメガネの併用者のうち

コンタクトレンズを主に使っているのは55.6%で

主にメガネを使っているのが36.3%でした。

 

 

 

4.注目ポイント3の詳細

コンタクトレンズを選ぶときの基準は「販売価格が安い」「メーカー、商品ブランド」

「装着感」が利用者の4~5割、「眼への負担の少なさ」「酸素透過率の高さ」「安全性」が

各2割強となっています。

 

 

 

5.注意点、補足など/ネット上の声

コンタクトレンズにうまく装着できない、汚れがきちんと落ちていない気がするなど

不満の声もあるようでした。

コンタクトレンズは目に装着しますから正しく使えていない可能性があるのは

大きな問題と言えるでしょう。

 

 

 

6.まとめ

眼精疲労は度数の合わないメガネをかけることやコンタクトレンズを使うこと。

またコンタクトレンズが正しく使用されていないことでも起こります。

値段やブランドだけで選ぶのではなく、目への負担が少ないものを選んだり

正しい使い方と手入れをしなければいけませんね。

 

 

 

 

 

 

眼精疲労改善 休眼 (1)

 

(C) マイボイスコム株式会社

TOPへ
Translate »